車に乗り降りするとき発生する静電気の原因と対策?グッズとは

冬の時期は、乾燥が激しく車に乗り降りするとき
静電気がひどく「パチっ」となることが多いです

静電気が多いと、何を触っても「パチッ」となりそうで
車のドアを開けるのも怖くなりますよね

ここで、車に乗り降りするときに発生する静電気の原因と対策
そして、オススメのグッズを紹介していきます

スポンサーリンク

車の中で発生する静電気の原因とは

1番の原因は、座席のシートと衣類の摩擦です

意識してないうちに背中などが動いていたり
乗り降りするときにパンツと擦れ、その時の静電気が発生しています

その摩擦で生まれた静電気が体の中で帯電し、何かに触れたときに
数万ボルトという静電気がいっきに流れ「パチッ」と火花のように放出されるのです

更に、冬場などは温度と湿度が下がり、かなり乾燥しているため
静電気が発生しやすい環境を作っています

本来なら、体内にある静電気は自然に放電されるのですが
乾燥や、衣服とシートの摩擦で自然放電が間に合わずに「パチッ」となってしまいます

車から乗り降りするときの静電気対策

先ほど、説明して静電気が発生する原因を踏まえて
簡単に出来る静電気対策を解説していきます

・車のボディーを触る

静電気が体に溜め込まれている状態で、車のドアを開けると
「パチッ」と静電気は発生してしまいます

車に乗る前に
屋根やボディーを手のひらで触ると
自然放電が行われるので、静電気が発生しづらくなります

また、車から降りるときは
ドアを開けて、片手を車の金属部部に触れながら、足を地面に下ろす
静電気が放出され軽減します

・手のひらでドアを触る

電気は狭い所を通過しようとする性質があり
ドアを触るときに指先から放電するので、「パチッ」となるのです

対策として
思いっ切り手のひらで触ると、静電気が分散されますので
痛みを感じにくいでしょう

叩くように触るのがポイントです
慎重に触ろうとして、先端の指先にドアが触れてしまうと意味がありません

車の静電気を対策するグッズ

・加湿

乾燥と静電気には、大きな関係があります

車内の湿度を高めることで、体内の静電気を自然放出してくれるので
加湿器など使うようにしましょう

・シートカバー

乗り降りする時に、パンツとシートがこすれて静電気を発生させますので
シートに何か敷物をすることで、摩擦を軽減させます

起毛処理されてある布のシートは静電気が発生しやすいので
本革やビニールシートを敷くようにしましょう

スポンサーリンク

・鍵を触る

手に持った鍵を、車の金属部分を触ると体内の静電気が放出されます
鍵の先端が「パチッ」となるだけで、痛みはほとんど感じません

しっかりと金属部分をもっておきましょう

また、最近では車のキーが金属じゃない場合もありますので
市販で買えるものを紹介しておきます

金属鍵の場合は、必要ないと思います

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SEIWA ストロングアースキーホルダーメタルブラック [K312]
価格:926円(税込、送料別) (2017/10/7時点)

・濡れたハンカチ

濡れたハンカチを持って、車のドアをあける

湿気があることで、帯電している静電気が放出されるので
「パチッ」とくることはありません

まとめ

車での静電気発生原因は、シートと衣服の摩擦が
ほとんどです

体内に帯電されている静電気を放出する方法を
色々と試してみてください

もし万が一、効果がないようでしたら
生活環境から静電気体質に変わった場合もありますので

気になる方は、コチラをどうぞ
静電気体質に急に変わった時の原因とは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする