子供の髪の毛を静電気から対策?トリートメントと防止ブラシ

冬になると髪の毛が浮いてまとまらなくなる原因は、静電気です

静電気がひどいと、髪の毛をドライヤーで乾かしたり
ブラシでといても、はねて思うようにセットできなくなりますよね

髪の毛をどうすれば、静電気を除去できるのか原因と対策

トリートメントやブラシを使った方法を解説していきます

スポンサーリンク

子供の髪の毛が静電気でまとまりがない時の原因と対策

髪の毛が静電気ではねたり、綺麗にまとまらなかったりする原因として
重要な3つのポイントがあります

1つ目は「空気の乾燥」
2つ目は「髪の毛の乾燥」
3つ目は「体内の水分と血液の酸性化」です

1つ目と3つ目は髪の毛意外だから私には関係ない!

って思われるかもしれませんが静電気の発生原因は

髪の毛以外の影響が大きかったりするので、学んでおきましょうね

・空気の乾燥

静電気というものは、乾燥しているところに発生しやすいという
ことは常識ですが

発生しやすい環境条件というものがあります

温度が25度以下 湿度が20%以下

冬の時期に静電気が多いと感じるのは、この条件を満たしているからだと言えます

こういう環境にいれば、人間はだれしも静電気を溜め込んでしまうものです

対策は部屋を乾燥させないようにするだけです

・加湿器をセットする
・濡れタオルを干す

・髪の毛の乾燥

日ごろから、髪の毛のセットをしていると、知らず知らずのうちに
髪の毛はダメージを受けていきます

・ドライヤーを長時間かける
・ヘアカラーを繰り返す
・アイロンを使う

思い当たる節があるのではないでしょうか?

そうすることで、キューティクルがはがされ髪が乾燥し
摩擦しやすい環境が生まれることで静電気が発生するのです

のちほど、トリートメントとブラシの使い方を説明していきます

・体内の水分、血液の酸化

「静電気体」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが
特徴として体に溜め込んだ静電気をうまく放電できない人
静電気体質に当てはまります

人間だれしも、静電気を体に溜め込みますので
それを放電できるかどうかで静電気体質か決まってくるのです

静電気体質の方は、血液の濃度が高い可能性があり
ジャンクフードや肉類ばかりを食べ栄養が偏ってしまうと
静電気体質になってしまいます

髪を静電気を発生させないためのトリートメントの使い方

先ほど、説明したように痛んだ髪の毛は乾燥しやすくなってますので
トリートメントで、髪に油分と潤いを与えてあげます

そうすることで、髪の毛同士から摩擦が減り静電気を発生させずらくなります

トリートメントには洗い流すタイプと洗い流さないタイプがありますが
どちらも効果があると言われてますので、出来る方を試してみてくださいね

・洗い流すタイプ

1.シャンプーをしっかり流し、髪の毛の水を飛ばします

2.トリートメントは頭皮につけすぎると、頭皮トラブルの原因にもなりますので、頭皮の手前から毛先にかけて髪の毛を掴むように浸透させます

3.蒸しタオル(お湯に入れたタオル)で髪を包みます

4.時間も製品の記載されている時間より、5分くらい長めに放置すると効果的です

5.トリートメントを洗い流します

スポンサーリンク

放置している間にトリートメントは頭皮に落ちてきますので
しっかり洗い流す必要があります

最近の子は、臭いが良いからとあまり洗い流さない人もいるようですが、髪に負担をかけてしまいますのでヌルヌルをなくなっても、長めに洗い流しましょう

その後リンスをして洗い流して、ドライヤーで乾かして完了です

・洗い流さないタイプ

洗い流すタイプの後に、更に洗い流さないタイプを使っても構いません

1.ドライヤー前に使うと効果的ですので、お風呂から上がったら髪を拭いてから使用します

2.先ほど同様、頭皮につけてしまうと頭皮トラブルと原因にもなりますので、根元から数センチのところから毛先まで浸透させます

ドライヤーで根元から乾かしたら完了です

またドライヤーで乾かす時はお風呂場から上がった後、
脱衣所にてお風呂の湯気を当たりながら乾かすと髪が保湿されます

髪から出る静電気を防止するブラシ

冬場にドライヤーをかけた後にホテルなどにあるプラスチック製のブラシを使うと
静電気を発生させ、バリバリと音がなることもあります

大事なのは、目の粗いものを使うこと

また、しっかりトリートメントした後でも、髪の毛はデリケートな状態です

何も知らずにブラシを使ってしまうと、静電気を発生させ髪が痛んでしまいますので
注意してください

お値段は張りますが、髪に優しく艶を与えるようなブラシもあります

髪に優しく汚れを落としながらツヤを出す、最も静電気が起こりにくい
「猪毛」

まとめ

静電気で髪がフワフワする原因は、

さまざまですが体に帯電させないことが重要です

「環境の湿度を上げる」「髪を乾燥させない」
「洋服の摩擦を防ぐ」「体の環境も整える」

全てを整えることで、静電気の悩みを解消することができると思います

髪の乾燥を防いだのに、静電気が発生するようなら

上記の4つについて検索してみてください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする