オフィスの暖房が熱い対策?ほてりと気持ち悪くなる原因と対策


冬の時期でも、暖房をガンガンつけていると暑い時ってありますよね

暑がりの人は大変な季節です

オフィスなど、いろいろな人がいるところだと
自分の好みの温度を設定することは難しいです

人の体温は、それぞれ違いますので
自分のわがままで、温度を下げてもらうことって
なかなか言い出せません

しかし、そんな場所では仕事の効率も上がりませんし
長いこと入れば、気分が悪くなったりもします

そんな時に、オフィスの中で出来る暑さ対策と
顔のほてり、気持ち悪くならないための対策を解説していきます

スポンサーリンク

オフィスの暖房が熱い時の対策

サーキュレーター

暖かい空気は上に上がるので、上半身ばかり温まり
下半身は冷えている状態が多く

そうすると、手足の血流が悪くなり
熱がこもってしまいますので、体が熱くなってきます

そこでサーキュレーターを使って
部屋の温度を一定にする必要があります

サーキュレーターの位置は部屋の中心が望ましいです
天井に向けて送風することで、熱い空気と冷たい空気を対流させましょう

薄着にする

冬の時期は、寒いので厚着で出勤するのは、あたりまえなのですが
オフィスは暖房が効いてますので、洋服で温度調節します

Tシャツで仕事するのは、難しいかもしれませんが
半袖のシャツくらいなら、許されるところもあるはずです

不安な場合は、上司に説明してみましょう

また、脱いだら寒くて、着てたら熱い場合は
カーディガンやブランケットで温度調節するといいです

顔を冷やす

特に、顔は熱くなりやすいので
こまめに水を含んだりタオルで拭いてあげましょう

そうすれば、体内の温度が下がっていくはずです

更に、冷やそうと思ったら
ひえぴたを張るといいでしょう

オフィスでひえぴたを張ってる人はかなりのつわものですが・・
どうしても・・・という場合にオススメです

暖房で顔がほてり赤くなってしまう時の原因と対策

温度

顔がほてる原因として、下半身が冷えてることが多いようです

「自分は、熱いからそんなことない」と思っているかもしれませんが
暖かい空気は上に冷たい空気は下に下がり、特にデスクなどの中は
空気が入りづらく、足元は気づかないうちに冷えています

そうすると、手足の血管が収縮し、血めぐりが悪くなります
血液が全身を巡っていれば、顔がほてったりすることはありません

対策としては下半身を温めていくことが重要です

・下半身にブランケットをかける
・ホッカイロを足に貼る
・厚い靴下を履く
・足用湯たんぽを使う

水分不足

顔が火照ったり、顔が赤くなるのは水分不足も大きな原因です

暖房をつけていると、自然と汗もかくのでそれだけ体内に水分が必要になります

こまめに、水分補給をすることで
体内の温度も下げることができます

乾燥

敏感肌の方は、角質層の厚みが薄いの毛細血管が拡張したときに
血管の色が皮膚から見えるいるのが

顔が赤くなる原因です

また、空気が乾燥して肌の水分が失われ、肌が敏感になって赤みを起こす場合もあります

日ごろからスキンケアをして、肌を乾燥させないように生活すること

スポンサーリンク

サプリメントなどで体の中から、整えていくことも出来ます

オフィスの場合は、加湿器を置くようにしましょう

あまり大きい物が使えない場合は、こういう物もあります

暖房で気持ち悪くなる時の対策

酸素濃度の低下

長い時間暖房をつけたまま、部屋を閉め切っていると二酸化炭素の濃度が高くなり
ぼーっとしたり気分が悪くなったりします

満員電車で息が苦しくなる原理と同じです

対策としまして、部屋の空気を入れ替え換気するしかありません

独断の判断で難しい場合は、上司にお願いをしてみましょう
換気には、温度を下げ眠気を覚ましたり、菌が充満した空気を
入れ替えることもできますので
「眠気覚ましに、空気の換気をしませんか?」
とお願いしてみましょう

もし、それでも換気が出来ない場合は
休憩中や空き時間に外に出て新鮮な空気を吸うしかありません

しかし、それでは根本的な解決はできておらず
オフィスに戻れば、酸素の薄い空間で過ごすことになり
また気分が悪くなってしまいます

どうしても我慢できない場合は、体調が悪くて・・と事情を説明すれば
社内の方も受け入れてくれるはずです

まとめ

熱いオフィスでは、集中して仕事もできなくなり
効率が悪くなってしまいます

どうしても、体調が優れない場合は
温度を下げてもらうように、上司におねがいしましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする