クリスマスプレゼントが大きい時に恋人への渡し方?サプライズ

12月はクリスマスシーズンです

恋人のために、クリスマスプレゼントを用意される方も
多いのではないですか

1年に1度のイベントですから、送る相手には盛大に喜んでもらいたいものです

しかし、プレゼントを購入して包装すると、想像より大きくなってしまうことも
多々ありますよね
デートの時に大きいプレゼントを持っていてはサプライズ性に欠けてしまいます

そんな時に、大きくなってしまったプレゼントを渡す方法と
喜んでもらえるサプライズ法を紹介します

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントが大きい時の渡し方とは?

自宅への郵送

クリスマスのデートに大きい袋を持っているのは
恋人も何となくプレゼントだと気が付いてしまうものです

せっかく用意したプレゼントですので、恋人を最大限喜んでほしいのに
それでは特別感もなければ、サプライズにもなりません

それなら、プレゼントを郵送して送った方がサプライズになります

急に郵便で荷物が送られてきたら、
「荷物頼んだ覚えないけど、誰から?」と疑問に持つのが普通です

そのプレゼントが恋人から送られてきてことに気づいて
「クリスマスプレゼントか!」と分かったときの驚きは相当なものでしょう

これこそが、サプライズなのです

ただ、郵便で送るときに注意しなければならないことがいくつかあります

サプライズをするなら、最初から最後まできっちり行わないとグダグダになってしまいますので注意して見てください

・配達指定日を決める

配達指定日を忘れないようにしましょう
相手の家にいる時間帯を聞き出して、送ることがポイントです

・ギリギリに頼まない事

ギリギリに頼むと配達指定日に届かないこともあります
余裕を持って3日くらい前に申し込みをしましょう

・ラッピングのまま送らない事

むき出しのまま送ると、運ばれてる最中に汚れてしまいます
1周り大きい袋などに入れて送るといいでしょう

クリスマスプレゼントをサプライズで特別間のある渡し方

ロッカーを使う

帰り際までプレゼントがないと「もしかして何もないのかな・・?」と不安になってきます
そのタイミングでプレゼントを貰うと、不安から喜びへと急激に変わることで
安堵と同時に喜びがこみあげてくるのです

裏切りこそ、サプライズです

方法はシンプルです

デートの前に、ロッカーにプレゼント仕込みんでおき帰り際に渡しましょう

大きさは関係ないですし、最後までプレゼントに気づかれる心配はありません

スポンサーリンク

更に驚かせたい場合は

プレゼントボックスを用意して、その中に鍵を入れておきます
「何これ?」と不思議そうにしたら、ロッカーにプレゼントがあることを伝え
恋人に「そこのロッカー開けてくれる?」と言って鍵を渡してください

プレゼントがあるんだとわかると、ドキドキして嬉しくなりますのですが
ここで終わってしまっては、勿体ないのもう1段階プラスで

鍵を開けて喜んでいる恋人に、メッセージカードや花束を贈りましょう

サプライズにサプライズを重ねることで、だれも想像できない展開の連続になり
驚きと喜びが込み上げてきます

ホテルで渡す

プレゼントを郵送で送ります

もしかすると、ホテル側がプレゼントを預かってもらえるかわからないので、先に確認の電話はしておきましょう

プレゼントを渡してもらうタイミングも決めておきます
・チェックインした時なのか
・時間を空けて自分で取りに来るのか
・あらかじめ部屋に隠してもらうか

電話だけで心配な場合は、プレゼントに紙で細かく指定しておくと
より安全です

デート中に持っていなかったはずのプレゼントがあると
「どのタイミングで?」と不思議がるものです

そこで事前に準備しておいたことを知れば
喜ばれること間違いなしです

食事中に渡す

レストランで食事をする場合は、お店に前日か当日にプレゼントを預かってもらいましょう

こちらも、同じくプレゼントを預かってもらえるか確認する必要があります

事前に準備をしていないとグダグダになってしまうので
プレゼントを手渡しする場合は、どこに置いておくのか決めておき
もしかすると、他のお客様のプレゼントもあるかもしれませんので、分かりやすいように
自分で印をしておくことをオススメします

お店の方に出してもらう場合も決めておきます

・お店に入ったタイミングなのか、
・コーヒーやデザートを出されるタイミングなのか
・帰り際なのか決めておきましょう

中身に合わせたタイミングを決めておきましょう

美味しいご飯を食べてる時に、サプライズでプレゼントが貰えるのは
テンションが上がるはずです

まとめ

クリスマスは1年にとって特別な日です

忘れられないクリスマスを過ごすには、サプライズは欠かせません

大きいプレゼントだから、無理か・・とあきらめずに
どうやったら喜んでもらえるか考えましょう

その苦労が伝われば、どんな形であれサプライズとは嬉しいものです

一生忘れられないクリスマスを過ごせるといいですね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする