クリスマスカード海外への送り方は?正しい発送時期と宛名書き方

12月はクリスマスシーズンです
海外の友達や、ホームステイした家族にクリスマスカードを送る方も
多いのではないでしょうか

日本のクリスマスがまだ先だからと安心してはいけません
海外と日本では文化も違ってくるので、早め早めの準備が必要になります

クリスマスカードを海外への送り方、どのタイミングで送ればいいのか
どうやって宛名書きすればいいか、1つ1つ学んでいきましょう

スポンサーリンク

クリスマスカード海外への送り方

初めての方は、郵便局に直接持っていきましょう

海外はわからないことも多いので、大きさ、形、重さによって値段がわかりずらく
自分も、記事を書く際に不安だったので郵便局に何件かお問い合わせたのですが
局員さんでも調べるまでに時間がかかっていました
やはり、窓口に持ってくることが1番安心だそうです

クリスマスカードは、時期の関係もあり切符などを間違えて貼ると返送までに時間がかかり
タイミングが遅れると、海外に間に合わないってことも十分考えられます

そこまでのリスクを負う必要はないので、迷ったら郵便局へ行きましょう

また、次の年に送る際は、同じ物を使うのであれば1度目送ったときの切符の値段を覚えておくことで
ポストに投稿することができると思います

クリスマスカードを海外へ送る発送時期

11月の終わりから12月の始めがベストなタイミングです

12月10日を過ぎてしまうと、差出期限が切れてしまう国もあるので
十分注意する必要があります

また、国別差出期限です
クリスマスカードの差出制限

海外では、クリスマスカードを暖炉の上に並べたり、会社のデスクや、窓辺のブラインドにかけて楽しんでいます

早めに届けば、それだけ相手の方が楽しんでもらえる時間がながくなるということです

それに、新年の挨拶も含まれているので、年明けまで飾っておく人も多いようです

クリスマスカードを海外へ送る正しい宛名書き方

海外の郵便は、外国の方が配達するため、宛て名は宛先の国の言語で記入しましょう
海外に在住の日本人に送る場合も同じ事が言えます

スポンサーリンク

「注意」
差出人住所氏名と受取人住所氏名の記載の位置を、逆に書いたり、縦に並べて書いたりすると
郵便物が国から返送され、また配達が遅延する場合があります

差出人住所氏名
①名前
②アパートなどの建物名・部屋番号
番地、町名、町村名
市区名、都道府県名
③郵便番号 国名

受取人住所氏名
④氏名
⑤アパートなどの建築物名・部屋番号
住所番号、街路名
都市名、地方名、州名
⑥郵便番号 国名

⑦航空便で送る場合は「VIA AIR MAIL」
黒色か青色で書きましょう

まとめ

送る相手には、近況報告も兼ねて写真を添えたりすると、喜ばれると思いますよ

しっかり相手に届けるために、送り方、発送時期、宛名書きを正しく書きましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする